持っている投資マンションを売却するときには下準備が必要

マンション

相続資産を減らさない方法

大きな現金資産を持っている人は投資用マンションを購入しておくと、相続税対策を行うことが可能です。増税の影響も考慮し、小規模宅地等の特例の適用も考慮して購入すると大幅に課税評価額を下げて資産を守ることができます。

リフォーム

自宅の空き家対策

転勤や海外赴任でしばらくの期間空き家にしてしまうことがあります。そのようなときにリロケーションで空き家となる自宅に入居者を募り、家賃収入を得るとともに管理も自然としてもらいたいです。自宅がトラブルにならないようにリロケーションでは信頼できる業者を利用しなければなりません。

査定と検査で準備

アパート

高く売るための基礎

投資マンションを売却するときには売却益が得られるように少しでも高く売りたいと考えるのがもっともなことです。その事前準備として重要になるのが投資マンションの価値を知るための査定を受けることと、マンションの状態についての検査を実施することでしょう。適正な価格で売りに出すのは投資マンションの売却をする上で欠かせません。高すぎると買い手が見つからず、安すぎると利益が小さくなってしまうからです。相場よりもやや高い価格設定は最も利益を大きくしやすいものであり、相場を知るために査定を行うのが基本です。複数社による査定を受けて比較してみると、およそ一定の価格を出してくれることがわかります。それを相場だと考えて、少し高めに価格設定をして売りに出すと良いでしょう。売買の際には交渉をするのが基本なのでやや高めにして交渉によって適正価格に落とし込むという発想が重要になります。一方、検査を受けておくのは査定結果の正しさを確認すると共に売却後のトラブルを未然に防ぐために重要です。投資マンションの査定を受けたときには、その詳細について説明を受けることができます。検査によって問題ないとされている部分に指摘があった場合や、問題の箇所が指摘されなかった場合には査定の信頼性を疑うことができるでしょう。一方、売却後に起こりやすい瑕疵責任問題を防ぐ手段として検査を受けて修繕しておくというのは安全策になります。後から賠償金などが必要にならないための保険と考えて実施しておきましょう。

つみ木とお金

費用を見直そう

収入を増やし費用を減らせば利益は大きくなります。これは不動産投資でも同じことが言えます。不動産投資における費用で、最も手掛けやすいものがローン金利です。ローンを申し込む際にはいくつかの金融機関をあたって競合させてみましょう。