持っている投資マンションを売却するときには下準備が必要

自宅の空き家対策

リフォーム

空き家期間に入居者を募る

所有していて実際に生活をしている物件があるにも関わらず、転勤や海外赴任でしばらくの期間空けなければならなくなることがあります。直ちに引っ越さなければならないので、住まいをまるごと空にしたままどうすることもできないで管理も行き届かずとても心配になることがあります。ましてや住宅ローンの返済の途中なら、空き家のためにローンの返済を続けなければならなくなってしまいます。そのような対策として利用したいのが、リロケーションです。リロケーションは、転勤や海外赴任で家主が不在となっている期間を、不動産仲介会社が間に入って入居者を募る仕組みです。家主にとっては空き家となる期間に限定して入居者が生活をしているので、住宅の管理が自然とできるとともに家賃収入も入ります。入居者にとっては、いつ退去を求められるかわかりませんが、それだけに相場よりも安い家賃の設定でファミリー層向けの物件を借りることができます。リロケーションは、物件の所有者にとっても、入居を希望している方にとっても双方にメリットのある仕組みといえます。ただ事業とした賃貸物件を貸し出すのではなく、自分の住まいそのものを不在の間貸し出すのですから、収益だけを優先しすぎないようにするべきです。もちろんできればすぐに入居者が決まり家賃収入が発生するようになった方がいいわけですが、リロケーションを仲介する業者が信頼できる入居者をしっかりと選定してくれていて後々トラブルになりにくいかの判断もしておきましょう。