持っている投資マンションを売却するときには下準備が必要

相続資産を減らさない方法

マンション

増税を考慮して始める

大きな資産を築くことができた人にとって少しでも多くの資産を配偶者や子供に残してあげたいと思うのはもっともなことでしょう。しかし、相続税の実質的な増税が行われてしまい、大きな資産を持っている人ほど相続によって目減りしてしまう分が大きくなりました。その対策として投資用マンションを購入することが可能であり、現金を持っているのに比べて優れている点を知っておくと良いでしょう。投資用マンションを購入した場合には現金の対価として不動産が手に入ります。不動産の価値は相続の際には時価ではなく評価額によって定められるのが特徴です。投資用マンションの場合にはマンション自体とマンションが建っている土地を相続することになりますが、それぞれがかなり低い価格で評価されるでしょう。土地は路線価図によって定められる路線価の8割というのが通常であり、マンションについては時価の7割前後になるのが一般的です。さらに投資用マンションの事業を引き継ぐという条件が付くものの、小規模宅地等の特例を適用すればマンションの建っている土地の評価額はさらに半額になる可能性があります。上限として200平方メートルという定めがありますが、マンションの場合には狭い面積に多くの戸数を稼げるのが特徴です。特例を適用する目的で、土地面積を考慮して投資用マンションを選んでおくのは賢い相続税対策になるでしょう。現金で相続するよりも資産を守ることができる方法になります。